JAGATサマーフェス|スポンサーズセッション

セミナー・スポンサーズセッション

印刷ソリューションの紹介やデジタル×紙の事例などを紹介します。【参加者無料・事前登録制】

本イベントは事前申込制です。参加される方ごとにお申込みください。
スポンサーズセッションは、主催企業の競合先となる企業の方による参加はお断りさせていただきます。
またスポンサーズセッションにお申込みいただいた方へ、小会またはスポンサー企業より商品、サービス、その他イベント案内などに関するご案内を差し上げる場合がございます。

【 8月22日(水)】

822日(水)9:50-10:40【講演会場B】

JAGATセミナー

【B-1】紙&ネット活用で顧客へ成果提供!クロスメディアで構築する売れる仕組み

  • グレイズ 代表取締役/(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー 小澤歩

顧客の購買行動が多様化している時代、紙媒体の販促だけでは足りなくなっています。そこでネット媒体と紙媒体をクロスメディアとして組み合わせて活用することで、印刷会社として提案力アップや顧客への売上増といった成果を提供できます。様々な媒体の特徴を踏まえ効率よく売れる仕組みを構築する手法を紹介します。

822日(水) 13:00-14:00【講演会場A】 主催:日本アグフア・ゲバルト

スポンサーズセミナー

【A-3】アグフアと創造するファクトリーオートメーション

  • 日本アグフア・ゲバルト マーケティング本部 スーパーバイザー 宮地 諒平

今後の日本の製造業における労働力不足が問題視されておりますが、印刷業界も例外なく雇用難の時代に入ってきております。少ない労働力でいかに高い生産性を生み出し、付加価値の高い製品をつくる「仕組みづくり」が必要とされてきております。本セミナーでは、今後更に加速する労働力不足問題を解決するためにIGASで販売を開始した、アグフアの新製品によるプリプレス自動化の仕組みつくりについてご紹介いたします。

822日(水) 14:00~14:30【講演会場C】 主催:フェイスクリエイツ

スポンサーズセミナー

【C-1】誰でも簡単!モバイルスタンプラリーをつくれるサービス 「RALLY」

  • フェイスクリエイツ 代表取締役 大山雄輝

弊社サービス 「RALLY」についてご紹介します。 RALLYは、モバイルスタンプラリーを誰でも簡単につくれるサービスです。スマホで遊べるスタンプラリーを最短5分で作成可能。無料からご利用いただけます。 これまで、RALLYをつかって1000以上のスタンプラリーが実施されており、大企業から自治体まで様々な企画にご利用いただいております。全国の事例をご紹介いたしますので、皆さまお気軽にお立ち寄りください。

822日(水) 14:20-15:20【講演会場A】 主催:メディアテクノロジージャパン

スポンサーズセミナー

【A-4】「Click to start」で実現するスマートファクトリーの未来

  • 真興社 代表取締役 福田真太郎

2009年 CIPPIアワード金賞受賞から約9年。福田社長は、「最後は一人で年商10億円の印刷会社を経営する」を目標にデジタルを活用した新しい印刷業のあり方を追求し続けている。スマートファクトリーがもたらすビジネスモデルにより、お客様のコストを削減しお客様のビジネスを支援するためには何をしなければならないのか?真興社が実践する取り組みをご紹介いたします。

822日(水) 15:00~15:30【講演会場C】 主催:スターティアラボ

スポンサーズセミナー

【C-2】~紙×AR~  マーケティングに活用出来るARの実例と今後について

  • スターティアラボ サブマネージャー 氏原翔平

スターティアラボではARを「企業のマーケティングに活用する」取り組みを続けています。 AR作成ツール【COCOAR】は印刷物を素材問わず自由にマーカーにすることができ、既存の印刷物に後付けすることも可能、さらにログ解析機能も付いているため印刷物との相性がよく、紙媒体の付加価値を高めることが出来ます。 本セッションでは誰でも簡単にARを作成ことができるCOCOARの特徴や機能、活用実例だけではなく、COCOARの今後についても紹介します。

822日(水) 16:00-16:50【講演会場B】

JAGATセミナー

【B-6】見える化の進め方とMISの役割

  • ビジネスイーブレーン 代表取締役 池上豊明
  • JAGAT 研究調査部 花房賢

見える化のゴールとは何でしょうか? まず目指すのは、受注一品別の収支を見える化することです。そして、何のために見える化をするのか目的を共有しつつ、経営数字をオープンにすることで、意識や行動の変化が生まれます。情報共有においてはMISの役割が重要です。わかりやすくビジュアルにかつタイムリーに「見せる」ことが求められます。 本セッションでは、見える化の進め方をダイジェストで説明するとともにMISを利用した経営情報の共有機能を紹介します。

822日(水) 17:10-18:00【講演会場B】

JAGATセミナー

【B-7】印刷ビジネス開発の手法と実践事例~30人の印刷会社が挑んだ「冊子印刷通販」挑戦物語~

  • バリューマシーンインターナショナル 代表取締役社長 河島弘司
  • 協友印刷 常務取締役 菊地貴之

印刷会社では今、顧客の多様なニーズに応えられる新商品・新サービスの開発が求められています。自社の事業特性や強みを掘り下げることで、新たな印刷ビジネスの可能性を探る開発手法のプロセスを解説するとともに、既存事業の改善点から発想して新事業を立ち上げた印刷会社の実践事例を紹介します。

【 8月23日(木)】

823日(木) 9:30-10:20【講演会場B】

JAGATセミナー

【B-8】プリンティングコーディネータオープン講座: クリエイターの発想と印刷表現へのトライアル、効果的な特殊印刷技術の使い方

  • 凸版印刷 シニアクリエイティブディレクター 久保田秀明

付加価値の高い印刷表現技術が求められる中、原稿、版、印刷、紙、インキ+加工の「印刷の五大要素+one」の原点から効果的な多様な印刷加工技術の効果的コーディネイトノウハウが必要とされます。グラフィックトライアルで蓄積されたノウハウより、印刷技術と加工技術の多次元にわたる可能性を事例を交えて紹介します。

823日(木) 10:50-11:50【講演会場A】 主催:コニカミノルタジャパン

スポンサーズセミナー

【A-8】クライアントが求める付加価値印刷を実現するプリントソリューションのご紹介~デジタル&リアルの融合~

  • コニカミノルタジャパン マーケティング本部 プロダクション事業統括部 統括部長 須田 徹

昨今、デジタルマーケティングが流行でありますが、デジタルの限界を感じるクライアントも多く、逆にリアルな紙メディアが見直されてきています。そのポイントとはデジタル否定ではなく、デジタルとの相乗効果にあります。そこから生まれる印刷物は高い付加価値を有しており、そのプリント創造を加速させるコニカミノルタのプリントソリューションをIGAS2018の出展に重ねてご紹介致します。

823日(木) 13:10-14:10【講演会場B】 主催:富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

スポンサーズセミナー

【B-11】印刷工程全体に渡る自動化・省力化・可視化を実現する新たな印刷物生産システム

  • 富士フイルム グラフィックシステム事業部 ワークフローG 技術マネージャー 佐野哲也
  • 富士ゼロックス グラフィックコミュニケーションサービス事業本部 Future Edge推進部  WF営業技術G G長 荻野賢

印刷のニーズや用途が多様化し、更なる多品種・小ロット化の進展が予測されています。今まで以上に多くのジョブに対応し、売上・利益を上げるには、処理の自動化や効率化、機器の稼働・進捗状況や経営状況の可視化が欠かせません。また、人材確保の観点では従業員の働き方改革も重要な課題です。 これらの課題を解決するため、ICT・IoTを活用し、幅広いメーカー・ベンダーとオープンに連携する、富士フイルムの新たな印刷物生産システムを紹介します。

823日(水) 14:00~14:30【講演会場C】 主催:バリューマシーンインターナショナル

スポンサーズセミナー

【C-4】「IGAS2018の2つのトレンドを特設ゾーンとともに振り返る」  ~SMART FACTORY ZONEとSMALL START ZONEに見た次の印刷ビジネスの形とは~

  • バリューマシーンインターナショナル 取締役副社長 宮本泰夫

IGAS2018では、SMART FACTORY、SMALL STARTといった2つの大きなテーマを背景として特設ゾーンも展開された。いずれも小ロット化に対応したこれからの印刷ビジネスの形を訴求したものである。自動化・効率化を目指すSMART FACTORYと、低投資ながら高付加価値を目指すSMALL STARTの2つのキーワードをIGASのトレンドとともに振り返る。

823日(木) 14:30-15:30【講演会場B】 主催:ニューキャスト

スポンサーズセミナー

【B-12】印刷業界の立ち位置と働き方を変える「自動組版」〜編集・制作の自動化で印刷業界のあるべき姿を問う〜

  • ニューキャスト 代表取締役 川原正隆

自動組版をコンセプトにして、印刷業界の理不尽さに抵抗しながら、どうすれば利益を上げられるのか、将来に何を繋いでいけるのかを考えながら生き抜いてきたこれまでを、コスト削減やミス撲滅、人材育成など日々直面する課題を解決するための改善ポイントはどこなのか、自動組版によって何が変わるのか、どのように取り組むべきなのかを事例とともに解説します。

823日(木) 15:00~15:30【講演会場C】 主催:サンケン電気

スポンサーズセミナー

【C-3】色評価用 演色AAA蛍光ランプを代替できる、高信頼性LEDランプについて

  • サンケン電気 佐藤充孝

入手困難となりつつある演色AAA蛍光ランプの代替光源の選定が急務となっています。 当社はAAA蛍光ランプと同等の演色性を実現しながら、LEDの特徴である高効率・長寿命の特徴を活かしたLEDランプを開発しました。印刷物色評価用光源を代替できる高信頼のLEDランプを紹介します。